Home|Help i-SITE
代表挨拶
代表 中川玄洋 ●学生の皆様へ

「人生で最も面白い4年間を提供します」
 最高の4年間を一緒に見つけましょう。僕が大学生活で得たものは人とのつながりから生まれたものでした。老若男女のボランティア参加者と一緒にイベントを行ってみたり、企業経営者や、鳥取県知事と話をする機会をいただいたり。
 どれも大学のキャンパスの中でにいてはできない体験でした。
 その体験を通じて、考え動いたことにより自分が成長したことに気づきましたし、大学で学んでいることに対する意識もあがりました。
 鳥取は小さい県ですが、だからこそつながりでチャレンジを応援する仕組みがあります。僕自身がそれを体現して、今があります。
 「この体験を後輩につなげたい」
 団体を立ち上げから、この思いは一貫しています。
 全国で一番小さい県だからできる人のつながり、経験。鳥取ならではの最高の4年間を一緒に過ごしませんか?
 前に踏み出したい学生を私たちは応援します。


●社会人・企業の皆様へ

「自分で考え、決め、自分から動く人材を 鳥取から生み出す」
 弊社のキャッチコピーは「学生にキッカケを 地域に笑顔を」です。これは、現場に出る中で生まれてきた一言です。
 静岡生まれの私が、大学進学をキッカケに鳥取に来て、せっかくだからいろいろやろうと個人的な思いをかなえる中で、学生人材バンクは生まれました。
 「何かしたいけど、どこにいったらいいのか」という学生のニーズ、「若い人と一緒に何かしたい」という地域のニーズ。それをつなげて、「ならばやってみよう!」というお手伝いを一つ一つ達成していきます。
 若者と一緒にやることで、不足な点が見えたり、新鮮な発見があったりすると思います。何かに向かって悩み進むことで若者は成長します。私たちが提供できることもあると思います。私たちが助けていただくこともあると思います。
 もらいすぎにはならないよう、一つ一つの積み重ねで、鳥取から明日を担う人材を、地域を現場に生み出していきたいと思います。

               代表理事 中川玄洋(旧姓田中玄洋)



 
団体概要
団体名 特定非営利活動法人 学生人材バンク
代表理事 中川玄洋(旧姓田中玄洋)
(日々の活動は、社長日記参照)
所在地 (本社)
 鳥取県鳥取市湖山町南1-246
 地図 [提供MapFan]
(鳥取情報市場内オフィス:月〜金 11:00〜18:00、土日祝日休業)
 鳥取県鳥取市湖山町北1-472-1
 地図[提供MapFan]
 手書きマップです。
『鳥取情報市場オフィス』には常時職員がおりますので、お越しの際はこちらへお願いいたします(土日祝日休業:ご注意ください)。なお郵送は本社宛てにお願いいたします。
事業内容 情報提供業 / 地域と学生の共同企画の提案・運営 / 地域おこしのサポート
/ データ入力など業務委託
スタッフ数 常勤5名 運営スタッフ(学生)80名 (社会人)ボランティア数名
登録会員数 900名(2017年1月1日現在)
(鳥取大学、鳥取環境大学、鳥取短期大学他)
ボランティア参加者数 約500名(年間) 
設立年月 2002年4月1日(2008年5月15日法人化)

設立主旨(学生にキッカケを、地域に笑顔を)
学生人材バンクは2002年4月に鳥取大学の学生が発足した任意団体で、
2008年5月にNPO法人になりました。

キャッチコピーは「学生にキッカケを 地域に笑顔を」

●学生にキッカケを
 生の情報、人と接することを知ってもらう
  →やってみることの大切さを知る

●地域に笑顔を
 地域だけではできないことを担う
 ちょっと忙しいけど、続けたいものをする
  →つながることで生まれる可能性を知る

鳥取県内に在住する学生に対して「学生にキッカケを」を合言葉に、ボランティア、イベント、アルバイトを通じて社会との接点をつくり、その経験や人脈が社会に出るときの財産となることを目的として活動しています。
また、地域に学生が関わることで期待される若さや行動力などをできる限り還元できるよう、「地域に笑顔を」という視点を忘れぬよう活動しています。

現在、情報提供事業、企画運営事業、キャリア支援事業の3つを中心に活動しています。

業務内容
1.情報提供事業
■メール配信サービス『ツミキャリ』
ボランティア・アルバイト・お店情報から就活情報まで、大学生が欲しい情報を、会員に対して携帯電話およびパソコンのE-mailアドレスに送信するサービスです。

[提供する情報]
 (1)ボランティア・イベント情報
 (2)アルバイト情報
 (3)お店情報お得情報
 (4)就職情報

[情報提供方法]
 学生人材バンクから登録学生へは、専用サーバーを用いてメールの一斉送信を行います。

[情報提供料金]
 配信するためには、一部料金をいただいております。
 情報提供業務料金表のページへ

■学生が集まる交流拠点「鳥取情報市場」による発信

[提供する情報]
 (1)ボランティア・イベント情報
 (2)アルバイト情報
 (3)お店情報お得情報
 (4)就職情報

[情報提供方法]
 鳥取情報市場内への掲示やパンフレットの設置、道路に面した窓を活用した掲示(通称:窓広告)があります

[情報提供料金]
 有料サービスになっております。お問い合わせください。

2.企画運営事業(プロジェクト運営)
学生が主体的に考え、地域課題を解決する活動を行なっております。
事業形態としては、地域からコーディネート料金をいただく場合や、役所などの予算を活用した形があります。

(1) 農村16きっぷ [経緯]
2002年の農山村へのボランティア派遣をきっかけにスタート、農学部の学生を中心に、農村イベントへの参加やボランティア協力を行なう。
2004年の農山村ボランティア事務局受託をキッカケに農山村ボランティア情報の提供、農山村イベントのコーディネート、現地への訪問、聞き取りなどを展開している。
[活動内容] 農山村へのボランティア派遣、情報提供、体験交流メニューの運営、抽出、農山村体験ガイドの発行
[ミーティング]
 毎週火曜日 19:00よりミーティング

※2004年からは鳥取県より「鳥取県農山村ボランティア事務局事業(2004〜)」を受託し、現場の声を大事にしたコーディネート業務を請け負う。

2009年3月第6回オーライ!ニッポン大賞受賞
 (都市と農山漁村の共生・対流推進会議:会長 養老孟司氏)
2016年11月7日 食と農林漁業大学生アワード農林水産大臣賞受賞
(2)まちづくりプロジェクト 智頭町のまちなみギャラリー(2006年、2007年)
吉岡温泉ホタル祭り(2006年〜)をお手伝いしています。
※2007年智頭町若者人材活用事業
(3)三徳レンジャー 三朝町三徳地区で、地域の農家の方からの協力を得ながら、お米の生産から販売まで体験するプロジェクトです。

過去のプロジェクト
あぐりふれんず
(2006/9〜2007/12)
障がいを持つ方と「大学生との共同作業」をテーマに、農業による就労を目指して活動するために
2006年9月に発足したプロジェクトです。
障害者自立支援法の施行により、障がい者の生活が辛くなりました。
しかし、作業所での仕事や活動は、手作業やIT系に偏りがちで、適応できない人もいます。
でも!! 農業なら誰でもできる!! 太陽の下で健康的に活動できる!!
そこで作られたのが『あぐりふれんず』なのです。 
自由空間
(2006/10〜2007/8)
話したい人にセミナーを開催してもらう勉強会や研修会、また、現場を見に行くということで、町歩き企画などいろんな人に出会う取り組みをしていました。
  映像プロジェクト
(2005/8〜2009/3)
農山村プロジェクトより派生。2005年8月の智頭町における農村体験「村咲ク」プロジェクトを経験した立命館大学のメンバーを中心に、共同事業としてスタート。
農村体験を映像化するということで、地域のデジタルアーカイブの作成を行なう。

※2005年度平成17年度「電源地域サービス産業人材育成事業」
地域映像人材等育成事業
 鳥取情報市場
(2008/3〜2009/3)
鳥取情報市場を活用して、学生から、学生に顔の見える情報提供を!をキャッチコピーに湖山に登場したスペースを有効活用して、情報発信をしていく場所として、情報発信の工夫など1年間挑戦しました。ブッククロッシング企画などが生まれています。


3.キャリア支援事業
卒業後は誰もが就職という道を歩みます。学生のスキルアップや働くことなどを考えるキッカケとして、
就職を考える会や勉強会、インターンシップを行なっています。
(1) 就職を考える会 キャリアを意識した、就職活動、自分探しを行なうためのセミナーを開催。
2004年より、平均年間2回開催。
講師(MCY(有限会社 マネジメントコンサルティング矢野)矢野正氏)
http://mc-yano.biz/shushoku.html
(2) スキルバンク プレゼンテーション講座や、企画書の書き方講座などを開催
(3) インターンシップ まずは、弊社内でのインターンシップを開始しました。
弊社が抱える課題に向かって、課題解決型インターンシップを行なっております。今後は、県内中小企業などの課題を解決する長期インターンシップ事業を準備中。
(4)その他イベント 職や働くことをキーワードになる活動 

4.その他、ノウハウを生かした受託事業・講演
(1)受託事業
 全国都市緑化フェアボランティアサロン運営業務(2013:鳥取県)
 植樹祭ボランティアセンター運営業務(2013:鳥取県)
 新しい公共支援事業(2011-2012:鳥取県)
 
若者地域活動マネジメント事業(2009:鳥取県)
 知の財産活用推進事業(2008:(財)とっとり政策総合研究センター)
 学生サポーター事業(2008:(財)ふるさと鳥取県定住機構)
 第16回日本のまつり鳥取2009ボランティアコーディネート
 第9回全国和牛能力共進会ボランティアコーディネート(2007年)
 いなば温泉郷協議会事務局(2006年,2007年)
 全国スポーツレクリエーション祭とっとり2006ボランティアコーディネート (2006年)

(2)講演・ワークショップの運営
 講演:
 農村×若者や農村×学生など、大学生を農村とつなぐコツなどの講演が可能です。
 2005年より全国にて行っております。
 詳細は、講演についてのページ
 (http://i-site.jinzaibank.net/dd.aspx?menuid=1356
 ワークショップの運営
 会議ファシリテーター普及協会鳥取支部として、サロン形式の楽しく実りの多い会議を実践しております。運営サポートから、会議手法についてのセミナーなどの開催も可能です。


■学生人材バンク活動履歴・受賞履歴■


 

 2002年4月 学生人材バンク設立、登録者募集、メール配信事業(バイト・ボラン
           ティア・イベント情報のメール配信サービス)
           8月  国民文化祭ボランティアセンターサポート(〜12月)
 2004年4月  『企画運営事業』開始(地域活性化のコンサルティング)
          鳥取県農山村ボランティア事務局事業(〜現在)
            『農村16きっぷプロジェクト』開始(〜現在)
 2005年5月  『キャリア企画(就活講座)』開始
            8月  『村咲クプロジェクト』開始(〜現在)
          10月    『経済産業省電源地域映像人材育成プロジェクト』(2005年)
          →『映像プロジェクト』開始(〜2008年度)
  2006年1月    智頭町まちなみギャラリーサポート(〜2007年度)
          →『まちづくりプロジェクト』開始(随時)
            4月  いなば温泉郷事務局受託(〜2007年度)
            5月  全国スポーツレクリエーション大会ボランティアコーディネート業務  
          受託
            6月  吉岡温泉ホタル祭サポート(〜現在)
            7月  障害者と農作業をする『あぐりふれんず』プロジェクト開始
           →大和証券福祉財団補助事業活用(〜2007年度)
                    スキルアップ企画(スキルバンク)開始
            →人と会う“自由空間”プロジェクトへスピンアウト(2007年度)
  2007年4月  全国和牛能力共進会ボランティアコーディネート受託
                   鳥取大学地域貢献事業(日南町:日置研究室:〜2008年度)
            5月  チャレンジコミュニティ創生プロジェクトへの参加(〜現在)
            9月  鳥取大学非常勤講師(地域再考プロジェクト担当〜2008年度)
           12月   (株)情報サービス鳥取とのメール配信事業の共同事業化
  2008年3月  『TSS(鳥取仕事専科)プロジェクト』開始(〜2008年度)
            4月  学生交流スペース『鳥取情報市場』オープン
          『TIM(鳥取情報市場)』プロジェクト開始 (〜2008年度)
            5月  (財)ふるさと定住機構若者サポーター事業受託
                    学生人材バンクNPO法人認証取得
           11月 『とっとり学ビジネスプロジェクト』開始(〜2009年度)
  2009年3月 第6回オーライニッポン大賞受賞(オーライニッポン会議:代表養老孟
                   氏)
            4月 第9回日本のまつりボランティアコーディネート業務受託
                  『三徳レンジャープロジェクト』開始(〜現在)
  2009年6月 鳥取市農家漁家民泊開設事業受託(〜2011年度)
             鳥取県若者地域マネジメント事業受託(〜2011年度)
  2010年4月 鳥取県とっとり因幡グリーンツーリズム推進事業受託(〜2011年度)
  2011年4月 豊かな海づくり大会ボランティアコーディネート事業受託
                              (〜2011年度)
            7月 鳥取県新しい公共支援事業受託(基盤整備)(〜2012年度)
       10月  農風土サロン開催BAMBOO BUSTERS養成講座開始(随時)
       12月 地(じ)デジ入門講座開催


■テレビ出演
  NHK『難問解決!ご近所の底力』(2009年6月14日 全国放送)
  「ふるさとの棚田よ よみがえれ!」


■講演実績
2006年度  3回(鳥取県内)
2007年度  4回(鳥取県、島根県、静岡県)
2008年度  7回(鳥取県、兵庫県、京都府、徳島県、東京都)
2009年度 10回(鳥取県、鳥取大学、岡山市、広島市、大阪市)
2010年度   9回(鳥取県、島根県、熊本県、東京都)
2011年度 10回(鳥取県、島根県、岡山県、兵庫県)


■大学講師(半期2単位以上)
2007年:鳥取大学非常勤講師
2008年:鳥取大学非常勤講師
2011年:鳥取大学特任教員


■大学・専門学校での授業など
2005年度 1回(立命館大学)
2006年度 4回(鳥取大学、立命館大学)
2007年度 1回(鳥取大学)
2008年度 2回(鳥取大学、立命館大学)
2009年度 5回(鳥取情報経理学院、高松大学、四国大学、立命館大学)
2010年度 2回(鳥取大学、立命館大学)
2011年度 2回(鳥取大学、岡山大学)


■研究機関との連携
 2003年4月 鳥取大学地域貢献事業 (森・棚田ボランティア:能美教授:〜現在)
2005年10月  経産省電源地域映像人材育成プロジェクト(立命館大学中村准教授)
 2007年4月 鳥取大学地域貢献事業(日南町フィールドワーク日置教授)
 2008年5月 (財)とっとり政策総合研究センター (知の財産事業:坂本研究員)
 2008年7月 (財)とっとり政策総合研究センター(空家調査:倉持研究員)
 2012年2月  鳥取大学「学生人材資源」ニーズの把握のための調査・ワークショップ準備の委託
         (横尾・三朝:筒井教授)